移転・引っ越し祝いマナー

事務所移転の連絡は、通常は1ヶ月前に文書で通知されます。連絡を受けたら、まずはお祝いの気持ちをお伝えしましょう。

その後、どのようにしたらよいか?移転・引っ越し祝いの贈り物マナーを確認してみましょう。

banner-1col

お花を贈る日

移転披露宴、開所式、竣工式等の式典を実施するのであれば、間違いなく当日の朝には到着していなくてはなりません。
朝着くのが難しい場合は、移転日前日にお届けできるように準備しましょう。
その場合、事前に相手先のご担当に確認し了解を得るようにしましょう。

移転・引っ越し祝いの相場

取引先への一般的な相場の平均は20,000~30,000円程度とされています。
移転先の場所による金額の違いはそれほどありません。
東京、名古屋、大阪の三大都市圏の場合は若干相場は高くなりますが、地域の違いというよりは、相手先企業の規模による違いになります。
移転祝いの贈り物といえば生花がおすすめです。生花でも一番おすすめは、移転先も華やかになる胡蝶蘭です。

贈り先別の目安
身内の場合 10,000~20,000円
友人の場合 5,000~10,000円
取引先の場合 5,000~30,000円

木札に記載する贈る言葉

胡蝶蘭等にお祝いのメッセージを明記する場合、木札立札が一般的です。
移転祝いの場合、「移転御祝」「祝移転」「御祝」という記載で良いでしょう。
誰が贈り主かを一目で分かりやすく目立たせるために「お祝いの文言+贈り主名」で贈ります。

記載例
「祝」「御祝」 どのお祝いにも使えます
「祝御移転」「御移転御祝」 企業の移転のお祝いに贈る場合
「祝本社移転」「祝事務所移転」 企業の移転のお祝いで、特定の部署、建物に贈る場合
「御転居祝」「祝御転居」「引越祝」 個人の引越、転居のお祝いに贈る場合

移転日が未定の場合

移転先の事務所のレイアウト構成や配線工事の日程が確定していない場合、とりあえず移転の通知のみするということもあります。
仮の予定日はあるはずなので、先に確認しておきましょう。
その際、予定日に合わせて贈り物を贈る場合は、先に注文しておくことが重要です。

移転日が過ぎてしまった

お祝いですので、移転日を過1週間程度であれば、胡蝶蘭を贈っても問題ありません。
10日以上過ぎた場合は、通常式典等も終了しておりますので、あまり好ましくありません。
またそれ以上(例えば2週間以上)過ぎている場合は、お花をお贈るのはやめておくほうがよいでしょう。

移転先や披露宴に訪問する場合

移転後は、業務開始の当日もしくは翌日以降でもできるだけ早く、移転先の方に挨拶に行くのが一般的です。
一番のポイントは胡蝶蘭が訪問に合わせて届いているということです。
胡蝶蘭に飾る木札立札には、「お祝いの文言+贈り主名」を記載して贈るようにしましょう。

移転・引っ越し祝い
 お勧め胡蝶蘭はこちら

banner-1col
banner-1col
banner-1col
banner-1col
banner-1col

ソーシャル

banner-1col
banner-1col
     

お買い物ガイド

お支払い方法
  • クレジットカード(1回払いのみ)
    ご利用いただけるクレジットカード
    クレジットカード
  • 銀行振込
お支払いについての詳細はこちら
送料・配送について
  • ■ 送料について
  • 一部地域を除きまして、全国無料でお届けいたします。
  • 北海道・沖縄へのお届けは送料として3,000円(税抜)いただきます。
  • ■ 発送について
  • 3営業日前にご注文いただければ全国各地可能です。ただし、2営業日を切りますと、ご希望に添えない場合がございます。
  • 時間指定は午前中、午後、そして夜間(18:00-21:00)になります。こちらも地域により時間指定の出来ない地域がございますので事前にお問合せください。
  • クロネコヤマト
    クロネコヤマト
送料・配送についての詳細はこちら
無料サービスについての詳細はこちら
返品について

生花ですので、返品はお受け致しかねます。万一不良品および誤品配送等がございましたら、同等品と交換させていただきます。商品到着後3日以内のメールまたは下記お問い合わせ先までご連絡ください。それを過ぎますと交換のご要望はお受けできなくなりますのでご了承ください。その際の交換送料は弊社で負担します。


お問い合わせ
  • ■ お問い合わせの際はこちらまでご連絡下さい
  • Tel : 050-3632-6043
  • Fax : 050-3737-7091
  • Mail : info@space-77.com