胡蝶蘭の扱い方

胡蝶蘭の育て方

育て方のポイントを押さえましょう

胡蝶蘭は、季節によって育て方は変わるので、時期に合わせて丁寧に育てたいですね。
手をかけた分、お花は長持ちしますので大切にしてあげましょう。

届いてからどうしたら良い?

段ボールや梱包されたままにせず、箱の外に出してあげましょう。
ラッピングされて届いた状態のものは、3日ぐらいをめどにラッピングを外すようにしましょう。    
あまり長時間ラッピングされたままだと、鉢の中が蒸れてしまい根腐れの原因になります。

どんな場所が良い?適温は?

胡蝶蘭の栽培において、一番注意しなければならないのが温度です。
人間が快適だと思う温度が良いです。暑すぎず寒すぎず、15℃以上の風通しの良い場所に置きましょう。
特に冬は要注意。また花を咲かせるには、最低温度が12度前後必要となります。
室温が低いところに長時間置いていると、花が早く萎えたり、つぼみが咲かずに終わってしまうことがあります。温度には注意しましょう。

光や明るさは?

胡蝶蘭はあまり光を必要としない植物です。直射日光も嫌います。
室内の明るさなら、特別光に気を遣う必要はありません。
レース越しの日光が当たるくらいがちょうどいいです。エアコンの風が直接当たる場所は避けましょう。

水やりはどのくらい?

水やりは控えめでよいです。主に根元に潅水してください。花に水をかけるのは厳禁です。
また、水を溜めたまま長期間放置しておくと、病気等が出て根腐れの原因となりますので、一度に多くの量を与えないようにしましょう。
季節によって温度も湿度も違うので、様子を見ながら水やりしましょう。

潅水は、1週間から10日に1度くらいで大丈夫です
梅雨 根元への潅水は、2週間~3週間に一度で十分です
水のやりすぎは、病気や根ぐされの原因となります
夏・秋 根元への潅水は、1週間~10日に一度くらいで大丈夫です
根元への潅水は、2週間に一度くらいで十分です
暖房の効いている時間帯に潅水するようにしてください

胡蝶蘭を育てる環境

胡蝶蘭のお手入れも大事ですが、育てる環境と、育ちにくい環境があります。

温度

温度管理は、胡蝶蘭にとって最も大事な要素です。
ベストな温度は、10℃前後~28℃くらいです。

胡蝶蘭も人間と同じで、人間が快適だと感じる温度は胡蝶蘭にとっても快適な環境です。
真夏や真冬などはそういう場所がなかなかないので、エアコンを入れたりして調整しますよね。
胡蝶蘭も同じです。夏はなるべく涼しい場所に、冬はなるべく暖かい場所に置いておくように心がけてください。
「胡蝶蘭にとって一番大事なのは温度!」を忘れず大切に扱ってください。

胡蝶蘭の根は、水を蓄える性質があります。また、空気中の水分を微量ですが取り込むことも出来ます。

夏の一番暑い時期を除き、水やりにはあまり気を使う必要はないですね。
受け皿にいつも水がある状態はNGです。水のあげすぎは株を痛めて、根腐れの原因にもなります。最悪の場合、過湿が原因で花枯れをおこします
受け皿に水は溜めず、水やりには充分注意してください。

胡蝶蘭は意外にも弱い光でも育ちます。
一日のうちにほとんど日が入らない北側の部屋でも、蛍光灯の光程度で胡蝶蘭にとっては充分です。
レース越しの光程度がちょうど良いでしょう。

スナックなど昼間は全く光を遮り、夜も弱い光しかない場所では、すぐに株が痛んでしまいます。
いくら弱い光でも大丈夫、といっても光がなさすぎないよう注意しましょう。

胡蝶蘭を長持ちさせるには

咲いている胡蝶蘭を長持ちさせるには?

季節によって育て方は変わるので、時期に合わせて丁寧に育てたいですね。

春(3月~5月)

春の季節ですが、胡蝶蘭にとってはまだまだ寒い時期です。5月になれば胡蝶蘭が成長する季節です。

胡蝶蘭のみずやり

根元への灌水は1週間~10日に一度くらいで大丈夫です。時間は朝~日中の時間にしましょう。
夜の水やりは温度が急激に冷え込む日があるので、避けてください。
1株につき500mlを目安に。胡蝶蘭の株それぞれの根元にあげてください。花に霧吹き等は不要です。

胡蝶蘭の置き場所

日中で16℃くらいになる場所が理想的です。
室内は基本的に常温で大丈夫です。エアコンの直風は厳禁、室温の高い日は風通しを良くして下さい。

胡蝶蘭の光

蛍光灯程度の光で充分ですが、一日中暗い場所は避けてください。
日の強さは次第に強くなってきます。太陽の光を直接当てると日焼けする危険性があります。 窓の近くや、胡蝶蘭に直射日光があたる場所は避けて、レースのカーテン越しに光を当てましょう。
早朝と夕方だけ直射日光に当たるとベストです。

夏(6月~9月)

雨が多い季節~むしむしと蒸し暑い季節になってきました。晴れの日にうっかり日にあてすぎないように。

胡蝶蘭のみずやり

根元への灌水は1週間~10日に一度くらいで大丈夫です。午前中の涼しい時が良いでしょう。
夜の水やりもOKですが、雨の多い梅雨時には水やりはいりません。花に霧吹き等は不要です。
完全に乾いたらたっぷりの水を与えるようにしましょう。
水をあげる時には、1株につき500mlを目安に。胡蝶蘭の株それぞれの根元にあげましょう。

胡蝶蘭の置き場所

なるべく涼しい所で育てて下さい。エアコンの直風は厳禁で、風通しを良くして下さい。
エアコンの風が直接当たると乾燥が激しくなり胡蝶蘭の花が枯れるので、エアコンの風が当たる場所は避けましょう。

胡蝶蘭の光

蛍光灯程度の光で充分ですが、一日中暗い場所は避けてください。夏の直射日光はNGです。
晴れると日の力が大変強く日焼けを起こしてしまいます。

秋(10月~11月)

徐々に涼しくなり、胡蝶蘭にとっても過ごしやすい季節になりました。温度は15度以上に保ちましょう。

胡蝶蘭のみずやり

普通に水を与えてよい時期です。3週間に1度くらいの水やりで充分です。
時間は朝~日中の時間。夜の水やりはNG、花に霧吹き等は不要です。
水をあげる時には、1株につき200mlを目安に。胡蝶蘭の株それぞれの根元にあげましょう。
水は与えすぎず、完全に乾いたらたっぷりの水を与えるようにしましょう。

胡蝶蘭の置き場所

室温の高い日は通風をよくして下さい。エアコンの直風は厳禁です。
15度以上は保ち、18℃以上が理想です。暖房が効いている場所に置くようにしましょう。
また、夜に温度が下がりやすい玄関などは避けましょう。

胡蝶蘭の光

日中はレースのカーテン越しにできるだけ長時間当てましょう。
朝夕の光の弱い時間や曇りの日などは直接当ててください。

冬(12月~2月)

寒くなりました!この寒い時期、寒さからやさしく守ってください。温度は15度以上に保ちましょう。

胡蝶蘭のみずやり

根元への灌水は2週間に一度くらいで大丈夫です。水は乾いてからあげましょう。
水をあげる時は晴天時の午前中にあげて下さい。できればぬるま湯をあげて下さい。
夕方に冷たい水をあげると、根が凍傷にかかりやすく根腐れをおこしやすくなるので気を付けましょう。

胡蝶蘭の置き場所

15度くらいに保ちましょう。暖房機のそばやエアコンの直風は厳禁です。
胡蝶蘭は寒さが苦手。寒空の下には決しておかないでください。
夜に温度が下がりやすい玄関などは避けてください。

胡蝶蘭の光

一年でもっとも日照時間が短くなる時期です。レースのカーテン越しにできるだけ日に当てましょう。
ただし日が強すぎる場所におくと日焼けになります。葉に触って葉の温度が熱くならないよう気をつけましょう。
昼間は窓の側で、夜間は部屋の中央に移動すると良いでしょう。

注意事項

胡蝶蘭の花には触らないようにしてください。
花中央部の雌しべに触れると、短期間の間に花がしおれてしまいます。 花落ちしてしまったら、株と茎を支えていた支柱を外します。茎の部分の節の下から数えて4段目くらいで茎を切ってください。

切り落としても、翌年は違う場所から新しく伸びてきます。
開花の目安は温室内の場合で2~3月、常温の場合は5月頃です。のんびりと育つのを待って下さい。

 

胡蝶蘭は基本的に年に1回しか花を咲かせませんが、コツをつかめば2回目の花を楽しむことができますよ。

胡蝶蘭の病気と対処

胡蝶蘭の病気は葉や根が腐ったり、枯れたりいろいろな症状が出ます。
治るものもあれば、一度病気になると花を咲かせるのは難しい病気もありますので、注意が必要です。
細菌による病気、カビが寄生して発症、害虫による病変、いろいろな症状がありますが、よく見られる胡蝶蘭の病気を紹介します。

軟腐病(なんぷびょう)

季節をとわず発生し、胡蝶蘭の病気中やっかいな物の一つです。
独特の腐敗臭があり、ブヨブヨで溶けるように組織が破壊されます。この異臭で他の病気と区別できます。
放置すれば温室全部の胡蝶蘭が全滅することもありますので、早めの対処をしましょう。

  

はじめ葉の根元に水浸状の斑点が出てきます。
そして葉元から幹に入り、急速に拡大しながら淡褐色に腐敗していきます。
その後、数日のうちに株全体が淡褐色になって軟化、腐敗し枯死します。

banner-1col
banner-1col

軟腐病のウィルスは、簡単に他の胡蝶蘭の株にも感染します。
もったいなくても早く処分して、他の株に感染させないことが必要です。処分した後は手を洗いましょう。

  

胡蝶蘭の場合、細菌性のものと、真菌性のものとが同じように軟腐しますので、どちらであるかによって対処が異なります。

・悪臭のする細菌性の軟腐病には「ストレプトマイシン」(ストマイ、マイシンと略称されます)がおすすめです。
・真菌(カビ)性の軟腐病には「ダイセン系」(Mダイファーやビスダイセンなど)の殺菌剤が有効です。

banner-1col

ストマイ水和剤

banner-1col

エムダイファー水和剤

いずれの場合も過湿、 もしくは過度の乾燥が原因のケースが多く見られます。
病原菌は高温多湿の時に発生するので、夏場に水をあげすぎたりしないよう注意が必要です。

灰色カビ病

灰色かび病は寄生範囲が広く、ほとんどすべての植物で発生します。
 多くの植物に発生する灰色カビですが、胡蝶蘭も例外ではありません。

  

最初はいくつかの小さな点シミが数えられる程度ですが、それはすでに灰色カビに侵されいる証拠です。
灰色カビが発生すると花の表面にグレーのシミや斑点がいくつも広がっていきます。
時間と共に徐々にシミは広く、深く、多く、病状は進行していきすぐに観賞価値を失います。 また花もちも極端に悪くなります。
そして、一度侵されてしまうと残念ながら手遅れです。

banner-1col

灰色カビに侵された花びら

banner-1col

花びら全体に症状がみられる様子

灰色カビは部屋の湿度が100%近くなると発生します。
基本的には除湿効果のある機材(暖房機やクーラー)が動いていればまず湿度が100%になることはありません。

    

しかし春先と秋はクーラーと暖房機の両方を使わずに済むため、多湿になる原因(加湿器や散水など)があると部屋の湿度が100%になることがあります。
もちろん梅雨時など湿度の高い季節にも発生することがあります。

原因別の対処方法 

●加湿器が原因の場合

冬の時期は乾燥をさけるために加湿器をまわしている所も多いと思います。
しかし徐々に暖かくなり”暖房機が停止しているにも関らず加湿器を停止しない”と多湿状態となり灰色カビが発生します。
必ず暖房機と加湿器はセットで動かしてください。冬場の乾燥対策は春先には必要ありません。

●散水が原因の場合

加湿器ほどではありませんが、花びらへの過剰な霧吹き、湿度を維持するための散水、夜間になってからの水やりも多湿の原因となります。
とくに夕方から散水は本当に必要なのか?よくお確かめください。

●梅雨時や雨の多い季節

梅雨時など湿度の高い季節にも発生することがあります。過剰な水撒きに注意し、ときどき空気を換気してください。  

banner-1col

こうならないためにも、季節ごとの管理に気をつけながら、胡蝶蘭を長持ちさせて長く鑑賞できるようにしましょう。

胡蝶蘭をもう一度咲かせるには

胡蝶蘭が咲き終わった後の管理

胡蝶蘭は他の花よりも特に長くお花を楽しめます。

そして花茎の一番根元に近い花から先端へ向かって順番に咲いていきます。
最後の花が咲くまで、最初に咲いた花は長いものでは60日以上も咲き続けて、満開になる日を待っています。

そんな胡蝶蘭も花の終わりはもちろんやって来ます。

花がしおれて落ちても、葉がまだ生きている場合は、胡蝶蘭の花をまた咲かせる事が出来ます。
花が終わった鉢を放置したりせず、花芽を切り来季に備えましょう。

胡蝶蘭がしおれた後は?

園芸用のハサミを準備します

病気の伝染を防ぐため、作業前に必ず手を洗い、ハサミも火で炙って殺菌しましょう。

茎を固定してあるワイヤーや支柱を外す

花芽(花茎)を支えている支柱を取り除きます。
花芽と支柱を留めている留め具やワイヤー、テープをゆっくりとはがします。
すべて外した後、胡蝶蘭の茎を固定してい支柱を引き抜きましょう。

  

無理矢理抜くと株を痛めますので、適当なところでペンチ等の工具で切断してください。面倒な場合は切断しなくても大丈夫です。

花芽(花茎)を切る

花が枯れたら、花芽(花茎)を切りますが、花芽の切り方は下記のような二通りの考え方があります。

 
【すぐに花を咲かせたい】
 

株の一番下から数えて2~3節目でカットします。
切った下の節の所から新しい花芽が出やすくなります。
連続して花を咲かせると株の力が弱まるので、長く育てたい方には不向きです。

 
【株を長く健康に育てたい】
 

根元(2~5cmくらい)でカットします。根元から切ると株の力が蓄えられます。
こうすることで長年にわたって花を咲かせられます。
株に力があれば秋に花芽が出始め春に花を楽しむことができます。

お手入れが終わったら?

温度と水の管理をして、そのままにしておく

たったこれだけで、時間が経てば花芽がついてきます。
ただし、葉がしおれている、枯れてしまっている場合は株が死んでしまっています。
その場合は残念ですが、胡蝶蘭はもう一度咲かせることはできません。

  

そのままにするといっても、以下のことに気を使って大切にしてください。

 
●温度は、10℃~30℃くらいを保つようにして下さい。
 

5℃を下回る場所に置いておくと、株が痛んで花が出なくなります。

   
●水やりは、季節に合わせて1週間~1ヶ月の間で行いましょう。
 

花がついている時に比べて水やりは少なくします。
あまり水を与えすぎると花がつかないばかりか、根腐れがおきてきくるので注意が必要です。

   
●胡蝶蘭の産地では通常、しっかりとした肥料管理をしています。
 

購入して3年は肥料は不要です。

   
●通常は、春~秋に花芽がつく可能性が高いです。一番花芽がつきやすいシーズンは秋頃。
 

夏場に満開を迎えた胡蝶蘭は、秋にもう一度花芽を付ける可能性があります。

banner-1col
banner-1col

カート

合計数量:0

商品金額:0円

カレンダー

2017年2月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728
2017年3月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

※赤字は休業日です

banner-1col
banner-1col
banner-1col

ソーシャル

banner-1col
banner-1col
banner-1col

お買い物ガイド

お支払い方法
  • クレジットカード(1回払いのみ)
    ご利用いただけるクレジットカード
    クレジットカード
  • 銀行振込
お支払いについての詳細はこちら
送料・配送について
  • ■ 送料について
  • 一部地域を除きまして、全国無料でお届けいたします。
  • 北海道・沖縄へのお届けは送料として3,000円(税抜)いただきます。
  • ■ 発送について
  • 3営業日前にご注文いただければ全国各地可能です。ただし、2営業日を切りますと、ご希望に添えない場合がございます。
  • 時間指定は午前中、午後、そして夜間(18:00-21:00)になります。こちらも地域により時間指定の出来ない地域がございますので事前にお問合せください。
  • クロネコヤマト
    クロネコヤマト
送料・配送についての詳細はこちら
無料サービスについての詳細はこちら
返品について

生花ですので、返品はお受け致しかねます。万一不良品および誤品配送等がございましたら、同等品と交換させていただきます。商品到着後3日以内のメールまたは下記お問い合わせ先までご連絡ください。それを過ぎますと交換のご要望はお受けできなくなりますのでご了承ください。その際の交換送料は弊社で負担します。


お問い合わせ
  • ■ お問い合わせの際はこちらまでご連絡下さい
  • Tel : 050-3632-6043
  • Fax : 050-3737-7091
  • Mail : info@space-77.com